ビットコインの基礎知識

更新日:

ビットコインの基礎知識

ビットコインの基本を知ろう

最近、テレビでビットコインという言葉がたびたび聞かれるようになってきました。

知人との会話のなかでも、ビットコインの話題になったことがあるのではないでしょうか。

もしかしたら、
「〇〇さんがビットコインで儲けた」
なんていう話を聞いたことがあるかもしれません。

しかし、話題に上がるようになった一方で、
ビットコインについて詳しく知っている、という人はまだ少なく、
「名前は聞いたことがあるけどどんなものかわからない」
という方が大半なのではないでしょうか。

 

ビットコインの世界は、実はとてもエキサイティングなものなんです。

その魅力を多くの方に知ってもらえればと思い、
知識がゼロの方にもざっとその世界を理解してもらえるよう
ビットコインについて基礎的なことをわかりやすくまとめてみました。

ビットコインがどういうもので、
何がどうスゴイのか、
何がどうエキサイティングなのか、

感じていただければ幸いです。

 

ビットコインって何なの?

ビットコインとは、仮想通貨(または暗号通貨)と呼ばれる通貨の代表的なものです。

通貨、つまり、円とかドルとかといったような、いわゆる「お金」の一種だと理解してもらってOKです。
(厳密にはお金というより「決済システム」に相当するものですが)

仮想通貨と円やドルのような一般的な通貨との違いは何でしょうか?
一番大きな違いは、「実体が無い」ことです。
お札も硬貨もありません。ビットコインは、単なるデジタルデータです

「実体のない通貨?何それ?わけがわからないよ。」と思われるかもしれません。

しかし、この、一見わけのわからないようなモノに、今、世界中の注目が集まっています。

この得体のしれないビットコインが一体どういうものなのか、
また、ビットコインが今なぜ注目されているのか、解説していきます。

 

ビットコインを手に入れる、持つ、使う

ビットコインには実体が無い、と説明しましたが、
それではどうやって所持したり使ったりするのでしょうか?

紙幣や貨幣が無いので、自分がどれだけ所持しているかは、
パソコンまたはスマホなどでその残高を確認する形になります。

まず、イメージをつかんでもらうために、
ビットコインを「手に入れる」、「持つ」、「使う」方法を
ごく簡単に説明したいと思います。

 

ビットコインの単位

最初に、ビットコインの単位について説明しておきます。

日本円の場合、その単位は「円」で、
「100円」や「\100」のように表記されますが、
ビットコインの場合は、単位は「BTC」になります。

そして、日本円では「0.1円」のように小数で使われることはほぼありませんが、
ビットコインは小数で表すのが普通です。

例えば、「1.058 BTC」のように表記されます。

 

ビットコインを手に入れる

ビットコインは、「仮想通貨取引所」で購入(または売買取引)します。

仮想通貨取引所は、ビットコインをはじめとする仮想通貨を売買できる場所で、
インターネット上にあります

国内の仮想通貨取引所としては、
「Coincheck」「Zaif」「bitFlyer」「bitbank」「GMOコイン」などがあります。

coincheck

国内の仮想通貨取引所の一つ「Coincheck」

 

ビットコインの所持

ビットコインは、「ウォレット」と呼ばれるものに格納されます。

ウォレットとは、電子的な財布のようなもので、自分のパソコンやスマホ、またはインターネット上に作ることができます。

例えば、スマホにウォレットを作る場合は、ウォレットアプリをインストールします。

 

ウォレットは、一人に一つしか持てないわけではなく、いくつも持つことができます。

あるウォレットから別のウォレットに、いくらかビットコインを移したいと思ったら、
ビットコインを「送金」することで移すことができます。

例えば、パソコンのウォレットからスマホのウォレットに0.1BTC送金する、というようなことをします。

 

ビットコインを使う

ビックカメラなど、一部の店舗では支払いにビットコインを使うことができます。
こういった実店舗のレジではどのようにビットコインで支払うのでしょうか?

支払いにはスマホのウォレットアプリを使います。

ビットコインを使う

実店舗でのビットコイン支払いの流れはこんなイメージです。

  1. ウォレットアプリを起動します
  2. お店側がQRコードを提示するので、ウォレットアプリでそのQRコードを読み取ります。
  3. ウォレットアプリに支払金額が表示されるので、支払いボタンを押せば支払いが完了します。

 

ビットコインと電子マネーとの違い

ビットコインと電子マネーは表面上似ていますが、全く異なるものです。

電子マネーはそもそも、
わずらわしい現金での支払いを解消するために、あらかじめICカードなどに現金をチャージしておいてそのカードで支払いをする、
というものですから、必ずチャージする必要があります。

チャージは日本円でしますから、電子マネーとは結局は日本円が形を変えたようなものです。

それに対しビットコインは、チャージするようなものではありません。それそのものが通貨です。

 

また、電子マネーは、それを発行している企業があり、提携している店舗やサービスでしか使うことができません。

例えばSuicaであれば、主にJRが発行し、JRや提携している乗り物、店舗でしか使うことができません。

一方でビットコインは発行元というものがありません
世界中のどこであろうとも、ビットコイン支払いを導入した店舗であればビットコインを使うことができます。

 

円やドルなど、一般的な通貨との違い

ビットコインは、円やドルなどの一般的な通貨とも大きな違いがあります。

一般的な通貨では当たり前にあるような様々なものが「無い」んです。

 

紙幣、貨幣が無い

前述したとおり、ビットコインは単なるデータで、紙幣も貨幣もありません。

 

銀行が無い

ビットコインには銀行に相当するものがありません

例えば、誰かにお金を送金したい場合、
円であれば、自分の銀行口座から相手の銀行口座に振り込むのが一般的ですが、
ビットコインであれば、自分のウォレットから相手のウォレットに直接送金できます。

銀行を仲介せず、自分の財布から相手の財布にダイレクトに送るようなイメージで送金できるんです。

 

発行する国も中央銀行も無い

基本的に、通貨は特定の国の中央銀行が発行するものです。

例えば円であれば日本の日銀が、ドルであればアメリカの連邦準備銀行が発行しますが、ビットコインはどの国に属するものでもありません

 

中央管理組織が無い

発行する国が無いだけでなく、なんと中心的に管理する組織自体がありません

処理を中心的に行うサーバーもありません。

管理する組織が無くてなぜビットコインは成立しているのか。
その鍵は、「ブロックチェーン」という革新的な仕組みにあります。

このブロックチェーンによって、ビットコインは安定的に運営され、取引の正確性を確保しています。

 

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンはビットコインの中核となっている仕組みです。

ブロックチェーンについてまともに説明しようとすると非常に深い内容になってしまうため、
ここではごく簡単に説明します。

ビットコインの取引データの処理、記録は、世界中のたくさんのコンピューターが同時に行っています。

そして、そのコンピューター同士がお互いの処理結果を監視しあっているような仕組みになっています。

blockchain_network

そのため、たとえどこかのコンピューターのデータが改ざんされてとしても、そのデータが正しくないことがたちどころにわかるため、その改ざんデータが反映されることはありません。

また、どこか一部のコンピューターが攻撃を受けて停止してしまったとしても、他のコンピューターが同時に処理していますから、ビットコインの取引が止まることはありません。

このように処理を分散して行っているため、中心が無い、つまり、システムの「急所」が無いのがブロックチェーンの強みです。
一部のコンピューターがたとえ停止しようとも、不正を試みようとも、全体が補完、監査しあうことで、取引が停止することはなく、また、データの整合性が保たれつづけます。

なぜ、ブロックチェーンは中央管理組織がなくとも成り立つのか、
それは、ブロックチェーンそのものが、サービスの継続性と整合性を維持できる仕組みであるため、ほうっておいても安定して稼働し続けられるからなんです。

 

ビットコインはあやしいものではない

ビットコインってあやしくない?大丈夫なんだろうか・・。と思っている方はとても多いと思います。

あやしいと思う理由はどんなものでしょうか。

おそらく、

  • なんだかよくわからない物だから
  • マウントゴックス事件があったから
  • ハッカーに盗まれたり消えたりしそうだから

こんな理由が多いのではないかと思います。

明確な理由があって、というよりは、なんとなく漠然と悪いイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。

しかし、端的に言って、ビットコインは怪しいものではありません。

 

マウントゴックス事件の真相

マウントゴックス事件は、仮想通貨取引所「マウントゴックス」が、巨額のビットコインを消失したとして2014年に破綻した事件です。

ビットコインが消失した理由は、横領や窃盗であることが判明してきましたが、これは、ビットコインのシステムそのものに問題があったわけではなく、管理体制があまりにもずさんだったために容易に横領や窃盗ができてしまう状態だったことによるものです。

しかし、このマウントゴックス事件でビットコインのイメージは著しく悪化してしまいました。

「やっぱりあんな怪しいものに手を出すとこうなるんだ」のように感じた方が多いのではないかと思います。

しかしこれは、例えば、とある銀行で横領事件が発生したとして、その事件の原因が日本円にある、と言っているようなものです。

通貨に問題があるのではなく、それを扱う人間側に問題があった、というのが実際のところです。

 

進む仮想通貨の利用

未だに、「なんとなくあやしい」と思われているビットコインですが、実はその一方で、世の中は仮想通貨を利用する方向に動いています

世界中の大企業が仮想通貨やブロックチェーンの可能性に着目し、業界に次々に参入しています。

一部を挙げるだけでも、
Google、アップル、マイクロソフト、楽天、NTT、リクルート、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行など、
誰もが知っているような大企業が、仮想通貨の取引所に出資したり、独自の仮想通貨の開発をしたり、決済への利用を進めるなどの形で仮想通貨にかかわっているんです。

ビットコインをはじめとする仮想通貨が普及し、より正しく理解されるようになれば、ビットコインをあやしいと感じる人は少なくなるのではないかと思います。

 

ビットコイン以外の仮想通貨

仮想通貨の中で、ビットコインがダントツに知名度が高いため、

 仮想通貨=ビットコイン

のように思っている人も多いかもしれませんが、
ビットコインのみが仮想通貨というわけではありません。

他にもたくさんの種類の仮想通貨が存在し、その数はなんと1000を超えます。

メジャーな物としては、イーサリアム、リップル、ライトコインなどがあります。

こういった、ビットコイン以外の仮想通貨は、
総称して「アルトコイン」(またはオルトコイン)と呼ばれています。

ビットコインとアルトコイン

仮想通貨の取引所の多くは、ビットコインだけでなくアルトコインの売買ができます。
(取り扱っている通貨の種類は取引所によって異なります。)

 

結局、ビットコインは何がすごいのか

ビットコインの良さを知るためには、視野を世界に広げる必要があります。

というのは、日本国内のことだけを考えていては、そのありがたみをそれほど感じることができないからなんです。

 

海外送金のコストが低い

ビットコインの良さは、「送金」の便利さです。世界中どこへでも、短時間に格安で送金することができます。実はこれってすごいことなんです。

実際に海外に現金を送金したことがある、という人は少ないと思いますが、これをやるにはかなりお金ががかかります。

どのサービスを使って送金するかにもよりますが、基本的に手数料が数千円かかります。
送金そのものの手数料のほかに、外貨に両替する手数料が加わることもあり、かなりの高額になってしまいます。

それに、送金が完了するまでには早くても4日程度はかかります。

現金を海外に送金するにはお金も時間もかかる、というのが現状なんです。

ビットコインで送金すれば、時間もコストも大幅に削減できます。

 

ここで対比の例として、手紙とEメールについて考えてみましょう。

昔は連絡手段として手紙やハガキがよく使われていましたが、今ではそういったことはほとんどしなくなりました。年賀状を送る時ぐらいなものです。

なぜかといえば、連絡にはEメールやLINEなどを使った方が圧倒的に楽で速いからです。

EメールやLINEでは、相手に送るものは単なるデータであって、手紙やハガキのように実体があるわけではありません。実体がないデータであるからこそ、インターネットを通じて相手に瞬時に届き、コストもほとんどかからず、圧倒的な便利さにつながっているわけです。

モノをデータに置き換える、というのは、こういう強力なメリットを生みます。
(もちろん、手紙やハガキのように実物がある場合には、それはそれで良さがあるわけですが。)

メールやLINEのようなインターネットを介したサービスは、そのほとんどが、「手軽で安くて速い」という特徴を持っていますが、ビットコインも同様です。

国際的なお金のやり取りを考えた場合、円やドルのような通常の通貨よりもビットコインのような仮想通貨のほうが圧倒的に効率的なんです。

 

所持することのハードルが低い

日本では個人が自分の銀行口座を持っているのが当たり前ですが、海外では事情が異なります。

東南アジアやアフリカなどでは、銀行口座を持っている人の割合が少なく、そういった人たちにお金を直接送金することは困難です。

しかしその一方で、スマホの普及率に関しては思いのほか高いんです。

銀行口座を持っていなくとも、スマホさえ持っていればビットコインの授受ができますから、直接お金のやり取りを行えるようになります。

 

広く世界中で使われる可能性がある

ビットコインをはじめとする仮想通貨には、ここまで説明してきたような便利な特徴があるため、将来的には世界中で多くの人が使うようになる可能性があります。
言わば、「世界通貨」のような役割を担うものになる可能性を秘めています。

使う人が増えるのと同時に、ビットコインで支払いできる店舗やサービスも増えていくことが予想されます。
どこへいっても支払いがビットコインでできるようになれば、海外旅行に行く際に両替をする必要性が減ります。
その国の通貨を使う必要性がなくなってくるためです。
両替には手数料がかかるため、両替する必要性が減れば手数料の節約になります。

日本国内の普及に関して言えば、オリンピックが追い風になっています。
2020年の東京オリンピックでは、多くの外国人が日本に訪れます。
その外国人が買い物をしやすいように、ビットコインでの支払いに対応する店舗が東京を中心にどんどん増えていくと見込まれています。

 

投資対象としてのビットコイン

ここまで、ビットコインの決済手段としての特徴を中心に説明してきましたが、
ビットコインにはもう一つの顔があります。

それは、「投資」です。

ビットコインがたびたび話題になるのは、
どちらかというと、この投資対象としての側面であることが多く、
ビットコインと投資とは切っても切り離せない関係にあります。

 

ビットコインの実際のところ

ビットコインは、実際にどう使われているのでしょうか。

実は、日本においてビットコインを持っている人は、そのほとんどが、支払いに使うために所持しているわけではありません

ではなぜ持っているのかいうと、それは投資のためです。
平たく言うと、ビットコインを持っていると儲かるから、なんです。

ビットコインは大きな将来性が期待されているものではありますが、使える店舗がまだまだ少なく、また、個人で海外に送金する、という機会もなかなか無いことですから、ビットコインを所持していたとしても使い道が限られているのが現状です。

ビットコインが普及して日常的に支払いに使うようになるのは、まだしばらく先のことになりそうです。

その一方で、ビットコインが人々を熱狂させているそのわけは、
投資の対象として非常に魅力的だから、なんです。

 

ビットコインの市場価値の上昇

2017年以降、ビットコインの価格は上昇を続けています

価格が上がる理由はどこにあるのでしょうか?

ビットコインの価格は上昇している

 

ビットコインは金(きん)に似ている

ビットコインの価格の決まり方は、金(きん)に似ています。

金がなぜ高額なのかといえば、それは、ごくわずかしか採れないからです。
わずかしか存在しない物に対し、それを求める人がたくさんいるから高値になっているわけです。

ビットコインの値段が上がっている理由も、基本的にはそれと同じです。

 

ビットコインの総量は上限が決まっている

現在、ビットコインは少しずつ発行されて増えていっていますが、ずっと増え続けていくわけではなく、その総量は2100万BTCが上限と決まっています。これ以上は発行されることはありません。

 

ビットコインの需要の伸び

ビットコインの需要は、今後急速に高まっていくことが予想されます。

ここまでの説明のとおり、ビットコインは将来有望な決済手段であって、普及が進んでいけば多くの人が使うようになります。
そうすると多くの人がビットコインを購入するようになり、需要が高まっていきます。

 

爆発的に上昇するビットコイン価格

総量が決まっている中で、ビットコインの需要が増えていけばどうなるでしょうか?

そう、ビットコインの価値がどんどん高まっていくのです。

 

このチャートは、1年間(2016年末ごろから2017年11月ごろまで)のビットコインの価格の変化です。

bitcoin_chart

2016年の終わりには1BTCが10万円程でしたが、1年の間に10倍ほどに価格が上昇しています。

この先、どこまで価格が上がるのか、それは何とも言えませんが、
今後もどんどん価値が上がり続けると見込んでいる人が多数を占めます。

 

仮想通貨の投資は手軽に始められる

現在の日本は超低金利時代ですから、銀行に貯金していても利息はほとんど付きません。

単に預金しているだけではお金はほとんど増えないため、余剰資金の資産運用を考えている方も多いでしょう。

しかし、投資するにしても、株式や債券などはある程度の知識が必要で
敷居が高いと感じてなかなか始められない、という方が多いのではないでしょうか。

それに対し、仮想通貨への投資は、とても手軽に始められるのが特徴です。

 

専門知識が無くても大丈夫

ビットコインは、短期的には価格が激しく上下に変動しますが、長期的に見ると価格が上がっていく傾向があります。
一年後に数倍の価値になっていたとしても全くおかしくありません。
(もちろん、価値が減っている可能性もありますが)

ですので、デイトレーダーのようにタイミングを見計らって売り買いするようなことをしなくとも、
「ビットコインをある程度買って、そのまま持っておく
たったこれだけでも、十分有望な投資になり得ます。

難しい知識を覚える必要もなく、ビットコインを買う方法、売る方法さえわかれば、すぐに始められるのがいいところなんです。

先ほどのチャートからも一目でわかるように、
ビットコインの価格は急激な上昇を続けていますから、
知識よりもむしろ、「いつ買い始めるか」が重要になってきます。

そして、その時期は早いに越したことはありません。

 

小額から買える

ごく少額からでも投資できるのもいいところです。

先ほどの価格変動のチャートでは1BTCが100万円程にまで上昇していましたが、
では大金を用意しないとビットコインが買えないのか、というとそんなことは全くありません。

購入の最小単位は取引所によって異なりますが、0.001BTCや0.0001BTCから買うことができます
例えば1BTCが100万円の場合だと、0.001BTCは1000円、0.0001BTCは100円ですから、とても買いやすく、
「とりあえず試しに3000円分ぐらい買ってみよう」
なんていう買い方もできるわけです。

 

いつでも売買可能

仮想通貨は24時間、365日、いつでも取引できます

株のように、平日の昼間しか取引できないわけではないので、会社勤めの人などでも取引しやすいんです。

 

どんなリスクがあるのか知っておこう

どんな投資であれ、リスクはつきものです。
仮想通貨の投資にはどんなリスクがあるのか、また、それがどの程度の大きさのリスクなのかを抑えておく必要があります。

 

価格変動のリスク

購入したコインの価格が上がって利益が出る場合は良いですが、当然、下がって損をしてしまうこともあり得ます。

仮想通貨は長期的に見れば価格が上昇しているものが多く、利益を出しやすい傾向がありますが、
日々の価格変動がとても大きく、価格が急激に上がったり下がったりします
例えば、10万円で購入したコインが、翌日にはその価値が13万円になっていることもあれば、8万円になっていることもあります。
ハイリスク・ハイリターンになりやすいことを知っておきましょう。

ですから、仮想通貨の投資を始める場合は、いきなり大金を投入するのはおすすめしません。

日々どんな値動きをするのか、その傾向をつかんでおくためにも、少額から始めるのがよいでしょう。

 

取引所破綻のリスク

仮想通貨の取引所が、経営難や何らかのトラブルが原因で破綻してしまう可能性はゼロではありません。
そうなると、取引所に預けていた現金や仮想通貨が手元に戻ってこなくなってしまう可能性があります。

前述のマウントゴックス事件がその例です。

現在は、こういったことの再発を防ぐために、改正資金決済法が施行され、
仮想通貨の取引業者は国への登録や審査を受けることが義務付けられました。

国内の取引所であればある程度安心できますが、しかし万が一を考えておくことも必要です。

 

こうしたリスクの対策として有効なのは、資産を一か所に固めずに分散させておくことです。

例えば、

  • いくつかの取引所を使い、資産を一か所に集中させず分散させておく
  • 大量のコインを購入した場合は、より安全なウォレットに移しておく

こうした対策をしておけば、万が一どこかの取引所が破綻した場合でも、被害を最小限に抑えることができます。

 

アルトコインも人気

投資の対象となるのはビットコインだけではありません。

将来有望なアルトコインは他にもたくさんあり、何らかの情報などをきっかけに大幅に価格が上がることがあります。

価格が一気に数倍になるコインも珍しくなく、少額でも投資しておくと楽しみが増えます。

 

ビットコインデビューしよう

今後、ビットコインやブロックチェーンという言葉を耳にする機会はより一層増えていくでしょう。

今のうちからビットコインを持っておくことは、仮想通貨を理解する上でも、投資としても、大きな意味を持ちます。

 

ビットコインデビューするのはとても簡単です。

どこかの仮想通貨取引所に登録して、ビットコインをいくらか購入するだけです。

どこの取引所も、登録に必要なものは
・メールアドレス
・本人確認書類(運転免許証など)
程度です。

仮想通貨取引所はたくさんありますが、
特に投資や仮想通貨の初心者の方には「coincheck」という取引所がオススメです。

coincheck

シンプルで操作がわかりやすく、
ビットコインの他、アルトコインを幅広く取り扱っています。
まずはこの取引所から登録してみてはいかがでしょうか。

 

ここまで、ビットコインや仮想通貨について基礎的なことを解説し、
仮想通貨を持ってみることをおすすめしてきましたが、

なぜ仮想通貨を持つことを勧めるのか、その理由をシンプルに言うとしたら、

「ビットコインやアルトコインを持っていると、ワクワクするから」
です。

そこからは、革新的な技術、未来の社会像、渦巻くエネルギーや思惑、
そんなものを感じることができるでしょう。

そんなワクワクする仮想通貨の世界に、ぜひ一歩踏み出してみてください。

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

-ビットコインの基礎知識

Copyright© ビットコインデビュー完全ガイド , 2018 All Rights Reserved.